行方不明者捜索方法はこれです!【娘・息子・家族・家出人捜索】

家出人捜索はスピードが命です!

家族が突然家出した

今朝まで元気に接していた家族なのに急に所在不明に・・・

 

いじめ、仲間はずれが発覚

学校内での人間関係トラブルがあるようだ・・・

 

多重債務で家計が苦しい

夜逃げ同然にいなくなり一家心中しないか心配・・・

 

比較ページへのリンク画像!!

 

ストレスいっぱいの現代社会において、家出もとても身近な問題です。大人も子供も関係なく家出をし、そのまま長期的に行方不明になる事件も珍しくはなくなりました。小さいお子さんから痴呆症のお年寄りまで、さまざまな年代の方が日々いなくなっているのです。

 

警察庁の発表によると、日本には年間8万件にも及ぶ失踪人がいます。事件や事故と比較すると家出人のほうが発見される可能性は高く、家出人のうち大半が1週間以内に発見されるか、自発的に帰宅すると言われています。しかし、行方不明になって1週間が過ぎると捜索が困難になり、1ヶ月~1年で発見される確率が8.1%、1年以上では9.2%と発見率が極端に低下してしまいます。

 

身内に失踪者(家出人)が出た場合、すぐに警察へ届けるとは思います。(基本的に届出のできる者は、親権者、後見人、内縁含む配偶者などの親族のみです)
しかし一般的には警察に家出人捜索願いを出しても、事故や事件性がないと何もしてくれない(積極的に探すことはない)のです。警察官の人数には限りがあり、家出以外にもさまざまな事件や事故が起こるので、行方不明者捜索は余程の事件性が疑われない限り後回しにされてしまうのが実情です。

 

神奈川県座間市で9人の自殺願望を持つ青少年が次々に殺されてバラバラにされる事件がありました。被害者はそれぞれ家族から捜索願が出されてはいましたが、結果的には無残な姿で発見されました。SNSの発達した現代ならではの事件といえるでしょう。

 

この座間の連続殺人事件も、家族の方々がもう少し力を入れて捜索していれば殺されずに済んだのかもしれません。家出や自殺の兆候が見られた時に事前に察知できればベストですが、もし家出をしてしまってからでも急いで手を打てば間に合うのです。

 

 

まず、家出人は『行方不明者』か『特異行方不明者』の2つに分けられます。『行方不明者』は、事件や事故に遭っている可能性が低い行方不明者を指し、自分の意思で出て行った一般的な家出や失踪などがこれに該当します。このような場合は事件性がないと判断され、届出を受理した後は警察のコンピューターに行方不明者として登録されます。そして積極的な捜索はせず、日々のパトロールや補導、取締りなどの警察活動で発見に努めます。

 

つまり、『行方不明者』に分類された場合は、警察が偶然見つけてくれるのを待つしかありません。しかも、行方不明者が成人の場合は、本人が事件や事故に遭遇している場合でないと発見の連絡は行きません。本人が帰りたくない、居場所を教えないでほしいと言えば、警察は本人からの連絡を促すだけです。

 

逆に『特異行方不明者』は事件や事故に遭っている可能性が高く、すぐに捜索しないと命に関わる危険性がある行方不明者を指します。例えば殺人事件や誘拐などの犯罪、遭難や水難、交通事故などに遭遇している恐れがある場合です。また、遺書を残して失踪したり、いなくなる直前に自殺をほのめかす言動をしたりといった人も特異行方不明者に該当します。

 

このような場合は警察も迅速に動き、捜査本部を設置して捜索を行います。しかし、これに該当するのは13歳以下の年少者や高齢者、病人や精神障害がある者、危険物を所持して自身や他人に害を及ぼす可能性のある者です。なので、事件性がなく、健康や精神面に問題のない13歳以上の年齢の者は大半が『行方不明者』扱いとなり、ただひたすら発見されるのを待つしかないのです。

行方不明者捜索において警察は全くアテにならない!

家出人は比較的早期に所在が判明

家出人のうち大半が1週間以内に発見されるか帰宅するだろう

 

家出人には「帰りたい」という心理がある

突発的な家出の場合は、一時的に冷静さを欠いているだけなので自ら帰宅するだろう

 

家出人から警察に対して不受理届が出される

家出をした本人から警察に対して「捜索をしないでほしい」というお願いが出される

 

警察は本人が自発的に帰宅することを想定しているのです

行方不明者捜索方法はこれです!【娘・息子・家族・家出人捜索】のサムネ画像

未成年誘拐事件のような場合を除き警察はアテにならないと考えましょう。

家出や失踪をしてしまうということは、本人はかなり精神的に追い込まれている場合がほとんどです。
その場合、自殺にまで至ってしまうことが非常に多いのです。

 

また、事件に巻き込まれている可能性も最近は多くなっています。今回の座間の事件のように、TwitterやLINEなどのSNS、出会い系アプリ等で簡単に変質者と出会ってしまうのです。まずは「手がかりとなる1%の痕跡」を探してみてください。

 

それは

 

1. 氏名・生年月日・住所(現住所、本籍地、過去の居住地)
2. 写真(顔がはっきりわかるものと全身が写っている写真を数枚)
3. 使用車両の車種/ナンバー
4. 携帯電話番号
5. 趣味や嗜好
6.持ち出したと思われるもの(パスポート/保険証/キャッシュカード/免許証/衣類)
7.失踪の際の所持金
8.異性関係・友人関係・職場関係や学校での成績やトラブル
9.パソコンや携帯電話内の情報、書置きやメモ書き

 

などです。

 

それらを頼りに各所へ連絡をしても本人の所在が分からないのであれば事態は急を要します。最近変わった事がなかったり、何にも変わりない状態なのに帰ってこない、いつも繋がる携帯電話が繋がらないということであれば、事件や事故の可能性があります。

 

出会ってすぐに殺されるパターンがたいへん増えています。そんなことにならないように早期発見してあげることが重要です。では、警察に頼れないのに、どうやって行方不明捜索するのが効果的でしょうか?

 

それは、人探しのプロである興信所や探偵に依頼をするのがいいでしょう。自分で行方不明捜索するより費用はかかりますが、失踪人発見や身柄確保はプロへ依頼するのが結果的には早道といえます。自分で探すとしても、チラシを印刷して駅前で配るくらいしか手段がありません。行方不明になってから1週間が勝負と言われていますので、自分で探すのは効率が悪すぎますね。しかし、人探しのプロである探偵社であれば、人海戦術で近県のネットカフェや立ち回り先に聞き込みをして調査をするので、発見率は格段にUPするのです。

 

ただ、全国に無数の探偵社があり、事業規模・調査スタッフ人員・費用体系もさまざまです。優秀な探偵社がたくさん存在する中で、トラブルに悩む依頼者の弱みにつけこむ悪徳探偵社が多くいるのもまた現実です。
なんと、全国の探偵社の90%が悪徳であるというデータもあるようです。優良な探偵の選び方には原則があるんです。信用性・明確な料金・調査力です。
でも、一般の方がそれを判断するのはとても難しいですし、探偵を調べているうちに時間が流れてしまい肝心の家出人捜索自体が遅れてしまいます。

 

息子さん、娘さんなどご家族の家出人捜索はスピードが命です!決して安くはない金額を投じて調査依頼するのですから、しっかりとした探偵社を選ぶことが最も大切なことなのです。そこで、当サイトが口コミ解析や独自調査をおこなって客観的に判断し優良な探偵社をご紹介いたします。(日々更新)

 

 

 

大切な家族の命はお金では買えません。衝動的に自殺してしまう前に急いで探してあげましょう。

要点を紹介するキャラクター

 

本当に頼りになる!人探しでおすすめの探偵社はココ!

原一探偵事務所

原一探偵事務所の特徴

原一探偵事務所は全国主要都市に拠点があるので、全国どこの地域に行方不明者が移動していたとしても最寄りにある自社の専任スタッフが捜索対応できるので発見率が非常に高いのが特徴です。家出人発見は時間との勝負ですので、公式HPからフリーダイヤルで電話相談することをオススメします。

総合評価 評価4.5
価格の安心感 評価4.5
知名度 評価4
原一探偵事務所の総評
  • 24時間無料での電話相談
  • お急ぎであれば特急調査も依頼可能
  • TBSテレビ「徳光和夫の感動再会“逢いたい”」などで抜群の知名度
詳細レビューへ公式サイトへ

 

 

迷ったときは【原一探偵事務所】にお任せ!

全国どこでも24時間365日利用可能です
フリーダイヤルなので無料で相談できます
捜索願より早く発見・解決できます

家出の結末に「大丈夫だろう」という考えは危険です!

失踪からあまりに長い期間が経過すると、事故や犯罪に巻き込まれる可能性や最悪の場合自殺に至る可能性もあります。

 

原一探偵事務所なら、独自の調査方法と最新の機器を駆使して人探し調査にあたりますので、警察や他社の探偵事務所よりも早く見つかる可能性が高まります。
探偵業は対象物が人間のため、常にイレギュラーな自体が起こりやすい職業です。そのため、人探しはマニュアルよりも長年の経験や勘が物を言います。

 

原一探偵事務所社は探偵業界に長年勤めているベテランの調査員が調査にあたりますので、その経験と勘を活かしてイレギュラーな自体にも即座に対応してくれます。お客様にわかりやすく安心して依頼していただけるよう、シンプルでわかりやすい人探しの料金設定がなされています。

 

公式ページはこちら

 

クチコミ情報

原一探偵事務所を利用した感想

夏休み明けに息子が不登校になり、家出をしてしまいました。息子の友人に電話で聞いたところ、ツイッターで「死にたい」などのネガティブ発言をしていたということを知り慌てて警察に捜索願いを出しました。しかし、ほとんど動いていただける感じは無かったので探偵社にお願いしました。10日くらいで息子は無事に発見されたので安心しました。やはり探偵さんの調査力は素晴らしいですね。

 

原一探偵事務所を利用した感想


警察に捜索願い、行方不明届を出してみましたが見つかる可能性は少ないと言われました。
しかたないので自分で捜索しようと思いましたが、探偵社でも人探しをやっていると知り依頼しました。2週間ほどで発見することができ助かりました。素人が自分で人を探すというのもほぼ不可能です。探偵社に依頼するしかないでしょう。

 

 

原一探偵事務所を利用した感想

 

 

 

 

 

 

>原一探偵事務所を利用した感想

 

 

 

 

 

 

>原一探偵事務所を利用した感想

 

 

 

 

 

>原一探偵事務所を利用した感想

 

 

 

 

 

 

 

あなたが子供であろうと、子供であろうと、戦う夫であろうと、嫌な義理の嫁であろうと、それは問題ではありません。ある家を生きている世帯として残して、予期せぬリックを招待しよう。それは遅すぎた。

 

むしろ、重要な人がどこに住んでいるかを知らないときに落ち着いている人はいないでしょう。私は、この記事を、重要な人が家にいると言っているので、見逃しているように言及していると考えています。

 

【一度逃げる人を発見したい人]
・私の子供は家から離れている・さらに一週間のコミュニケーションがない・私は夫と妻に連絡することができません。
帰宅した人、行方不明の人が犯罪や事件に巻き込まれている多くの場合、警察はかなり頻繁に移動することはないでしょう。
【人の検索に関する無料相談】※24時間受付・匿名OK

 

アウトランナーを見つける上で最も重要なことは、最初の動き1.1失われた人々は年に8万人以上です1.2時間経過すると出現率と生存率が低下する1.3暴走のパターンの分析は、必要な文字があります2 3人を探索する方法2.1自宅探検の方法(1):警察による調査2.2アウトランナーを見つける方法②自分で検索する2.3自宅探検の方法(3):探偵による検索3それは探偵が最速で暴走する人を探すことができるのです3.1セルフパワーサーチは制限されている3.2事件があると判断して警察が移動する3.3探偵が探偵の活動によってもっと解決されたケース4自宅を離れて家を探しているポイント4.1自宅走行の原因が何であるかを説明する4.2逃亡者の目的地を検討しようとする4.3逃亡者の精神状態を考える
自宅から離れた家を探す際に最も重要なこと

 

"私は勝利に行き、私はそれを先に進める" ...ほとんどの人はこのように考えなかった。これまでの日本ではこれが一般的な考えでしたが、現代ではそれはあまり良い判断ではありません。

 

毎年80,00人以上が行方不明になっています。
(これらの数字の中には、事故や事故に巻き込まれている行方不明者も含まれています。)性別では、男性は女性より2倍多く失われています。
この数字はこれよりもはるかに多いので、これよりもそれほど多くはないと考えています。一つの意見では、この数字よりも2?3倍多いと言われています。

 

出現率と生存率は時間が経過するにつれて減少する事故や事故と比較して、暴発者が発見される確率は高くなります。
別のデータでは、検索要求から1週間以内に位置確認が行われた場合を示し、できるだけ早く検索する確率が到着し、出発する確率は、時間が経過するにつれて出発する確率である。減少する。

 

その人がそんなに過ぎ去ってからどれくらいの時間が経過したかに比例しています。何が起こったのか次は事故や事故に巻き込まれるあなたのチャンスがなくなったときのパターンでしょうか?

 

思春期(反抗的)な子供の子供の場合、親が心配する気持ちから「プチ・ランウェイウェイ」をするのはかなり良い割合です。あなたが高校生よりも年上の方で、試験から脱出しようとすると、大人の場合は責任を免れるケースで、あなたが期待していない現在の状況から一時的に脱出する場合があります。

 

人自身は、比較的早期発見が期待できる事件に関与していない限り、彼が無責任な気持ちで逃げ出したことを後悔し、この一時的な "期待"が期待できることも認識していた。

 

先駆者がいたが、ホームランの原因が何であったかがあらかじめ浮かび上がったケースが多く、十分にうまく逃げることができる。
配偶者、両親、または子供が消えた場合、誰もが気分が悪くなり、私は手で何をすべきかわかりません。しかし、まず、私は警察署から離れて家を探すための要求を出しましょう。検索リクエストを提出すると、警察のコンピュータに登録されますので、全国で簡単に見つけて確認することができます。警察に発見される前に発見された場合、警察に通知されれば問題はありません。次は検索方法です。暴走のレベルであれば一度に見つけることは可能かもしれないが、青少年である中学生や高校生の暴走はしばしば事件に発展し、高価だが専門業者に相談する探偵)そのようなことは間違いありません。他にどのような方法があるのか見てみましょう。

 

検索リクエストを提出する前に、事前に情報を整理してください。

 

最初に目標の情報を整理しましょう。事前に以下の情報を整理する必要があります。これは、検索するだけでなく、これは、検索要求を発行するために必要な情報です。あらかじめまとめておくといいですね。私たちはこのような友情や、私がよく訪れたいと思う場所に焦点を当てて、彼らの話を聞きます。面倒な作業かもしれませんが、ポスターを貼るか、入ってくる可能性が高い店に尋ねるなど、道を踏む方法もあります。タウンページなどの番号にローラー操作ごとに1つのケースを連絡する方法もあります。これはまた、あなたが友人の家に負けたり、ある程度の行動パターンを知っているときに役立ちますが、それが自殺を考えて暴走したり、何らかの事件に巻き込まれた場合、私はしません。その場合、プロの探偵に尋ねることをお勧めします。上で説明したように、あなた自身である程度見つけることは可能ですが、発生率の高い暴走の場合に調査を依頼することをお勧めします。それはそれほどコストがかかりますが、多くの人を使って動作するため、発見するのがより早くなることは間違いありません。あなたが重要になる前に、あなたは尋ねられるべきです。依頼の代金ですが、インターネットで調べると様々な種類の価格が出てきます。何万円もあり、何百万ものものがあります。それでは、どちらが本当ですか?結論から、100万?300万を見る方が良いです。数万円かかると言われても、実際の費用(費用)の清算が異なる場合が多いです。検索に関わる人件費、移動に伴う交通費、リスニングとステーキングなどを考慮すると、直ちに発見される場合を除いて合理的な量になる可能性があります。また安価であるということは、コストを削減することによって調査していることを意味し、暴走した人物の発見につながるかどうかは疑わしい。だから、ある程度はかかると思うほうが良いようです。「娘が夏休みの間に私の友人の家に泊まるとき私は帰宅しません」「一人で暮らしていた息子とは連絡が取れませんでしたが、私は消費者金融の負債が深かった」カップルとの戦いで帰宅しない。 」・・・初めて初めて私たちに戻ってくると思っていたが、時代が流れて相談に来るのが気になりました。それができる人は多いですが、走者の探索はスピードです時には私は遠くのどこかで消えてしまい、私は悪い招待状に手を置くことができませんまた、最悪の場合、あなたの人生を終わらせるかもしれません。心配する時間があるので、このケースは、夏休み中に尽きるはずの娘を見つける一般的なケースです。まず、顔、名前などに加えて、通常の行動パターン、友情関係、趣味などが見られます。特に、夏休み中に家計から延滞に至るまでのパターンが多いため、しっかりと調査する必要があります悪い招待状がないかどうか。私が高等教育に進学するときに道路が余分になる方法は不安です。

 

あなたが行く可能性が高い場所を特定し、固執する私は友情の関係で友人の周りに行くでしょう。その行動があまり良くない友人と一緒になったという手がかりがあったので、私は主にその周りの友人の周りに調査を行います。通常はハングアウトしている場所を見つけることができたので、これらの人々が出入りするかどうかを尋ねました。この時代を目の当たりにした人々が数人いたので、私たちは目標を設定して賭けます。

 

発見、安全私は病気になってすぐに遊び場に遊び場から出る場所を見つけました。私の両親が私に心配していることを教えてくれた時、最初は不安な表情に変わったのは迷惑な顔でした。帰宅してから日数がなくなったので、帰ってきた時ではなく、両親が静かに家に帰ってきた時です。この例では、検出が速かったので、スムーズな解決策でした。両親と子供と話す時間があるのは初めてですが、なぜ私は親が再発するのを防ぐことが私の娘だけの問題ではないのか、なぜ私は暴走するのかについて話しました。これはどんな家族でも起こりうるので、私は説教したことはありませんでしたが、過去の事例に基づいて、私は再発を防ぐためのいくつかの改善策を提案しました。ホームランにはしばしば多くの機能が繰り返されますので、悪い招待状を再度受け取らないように気をつけることが重要です。

 

現実には、状況によってはホームランが悪い方法に戻ることはできませんし、自殺につながることもよくあります。時間が経つにつれて、家に帰るのは難しく、検索は難しくなります。それは人生に直結する問題なので、躊躇する時間があれば、できるだけ早く調査します。私がそれを後悔したのは完全に遅いです。

 

 

比較ページへのリンク画像

探偵社紹介

人探し関係コラム記事